Menu

ストレッチについて

Home

ストレッチとは

筋肉や(筋肉と骨をつなぐ)腱を伸ばす事です。
筋肉や腱の、疲労の蓄積やかたさ、こわばりなどを伸ばすことにより、柔軟性を回復させたり、血流を促進させて疲労回復の手助けをしたりします。
スポーツをする上では、可動域の拡大や姿勢改善による、怪我予防とパフォーマンスアップが期待できます。
また、一般の方が健康な体を保持増進するためにも、手軽かつ効果の高い方法です。
皮膚の外から触るマッサージでは届かない、筋肉や腱の深部まで伸ばして刺激を与えられる事も大きなメリットです。

ストレッチの効果

・体が柔らかくなる
・疲労回復の促進(血流増進)
・肩コリ、腰痛改善
・基礎代謝アップによる脂肪燃焼促進
・美しい姿勢の獲得
・運動能力の向上
・心と体のリフレッシュ 等々

ストレッチの種類

1.スタティック(静的)ストレッチ
反動や弾みをつけずにゆっくりと伸ばしていき、伸ばした状態を10~30秒維持するストレッチ。
運動後のクールダウンに主に使われます。

2.ダイナミック(動的)ストレッチ
反動や弾みをつけて、10回前後大きく動かしながら可動域を広げていくストレッチ。
運動前のウォーミングアップに主に使われます。

どちらかの方法に優劣があるわけではなく、状況や目的に応じて使い分ける事が重要です。
私が行うストレッチの際は、スタティックとダイナミックを組み合わせて使っています。

Ⅰ.セルフストレッチ
自分で自分の体を伸ばすストレッチです。
いつでもどこでもできる事がメリットです。

Ⅱ.ペア(パートナー)ストレッチ
他人に身を任せ伸ばしてもらうストレッチです。
自分では伸ばしきれない部位や範囲まで伸ばしてもらえる事がメリットですが、ストレッチを施す側の技術や知識が必要です。
ちなみに、私(綾田)はペアストレッチのプロです。

私のセッションでは、どのストレッチを行う際にも、
・どの筋肉を伸ばしているか意識しながら行う
・痛いと気持ち良いの境目の範囲まで伸ばす
・呼吸を止めずに行う
の3点を注意して頂きながら実施しております。

プロトレーナーに定期的にペアストレッチをしてもらう事と、セルフストレッチの習慣を身につけて頂く事で、疲労回復、姿勢改善、怪我予防、パフォーマンス向上、健康の保持増進が大いに期待できます。

セッション中は電話に出れないことがございます。
お急ぎでない場合は、お問い合わせフォームをご利用ください。